2014.10.21

不用品や粗大ごみを処分するときには

こんにちは。かたづけコンビニです。今回のテーマは「不用品や粗大ごみを処分するときには」です。

c7e5e906f09aa9a65e768c8272f

引っ越しや家の中を整理したときには、大量の不用品がでてきます。粗大ごみとして処分すると、高額な費用がかかることもあります。できるだけ、処分の費用を減らすためにはどのような方法があるでしょうか。
まずは不用品の中で、各自治体のごみ処分の区分で、リサイクルとして出せるものここで処分します。
ダンボールや古紙などは、自治体がリサイクルごみとして無料で引き取っているところが多いです。木製の小物などは、そのままでは粗大ごみとして出す必要があっても、解体すれば燃えるごみとして処分できるところもあります。
各自治体のごみ処分方法にあわせて、処分できるものは処分するほうがお金はかかりません。
また、自分では処分できない量のごみは専門の業者に引き取ってもらうことになりますが、そのときにも出来るだけ、ごみごとに分けておくほうが良いでしょう。
業者がごみを分ける手間が省けるため、査定に時間がかからず、料金も低くなる可能性があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • google+
  • RSS

・記事検索

気になるキーワードを入力して下さい

よく検索されるキーワード

気になるキーワードをクリックして下さい

Copyright© 2013 不用品回収・買取り かたづけコンビニ All rights reserved.