2015.12.08

遺品の処分に困っていませんか?

亡くなった人が持っていたものを整理することを遺品整理と言いますが、
自分でするとなると、たくさん必要のないものがでてきて
どのように処分すれば良いのか分からないものですよね。

915c8dabdff0db3c753073779d5e2fa5_sそこで今回は、遺品の処分を業者に任せる際のメリットをいくつかご紹介しようと思います。

■遠方に住んでいる場合

お亡くなりになった方は必ずも近くにいるとは限りませんよね。

車で行かなければいけない距離であったり、
中には飛行機に乗って行かなければいけない距離である場合もあります。

遺品整理は自分でするとなると、
一日では片づけられないことが多いですから遠方に住んでおられる方は業者にお願いする方が良いでしょう。

■気持ちの整理が付けられない場合

近くにいすぎても依頼する方が良いことがあります。

なぜなら、身近にいるということは、
一緒にいた時間が多く、
その分悲しみが大きくなってしまうのです。

大好きな人がお亡くなりになった場合、
立ち直ることができず、何も手につけられない人が多いものです。

そのような人は、亡くなった人の遺品を大事に思っているので、
例え、捨てても問題のないようなものでも、
自分で捨てることは困難なのです。

しかしながら、いつまでも遺品をそのままにしておいてしまいますと、
気持ちもどんよりしたままですし、
亡くなった人も天国に行くことができないでしょう。

ですので、手がつけられない場合も業者に依頼すると良いでしょう。

遺品を整理して、自分の気持ちも整理するようにしましょうね。

・賃貸物件に住んでいた場合

亡くなった方が賃貸物件に住んでおられた場合も依頼する方が良いと言えます。

なぜなら、賃貸物件であれば、早く遺品を整理して部屋を明け渡さなければ
次の月の家賃が加算されてしまいます。

「一か月くらいであれば大丈夫」と思っていると
その次の月も、さらにその次の月も…
というようにどんどん延期してしまいがちですので、
注意するようにしましょう。

業者に頼むことでスムーズに作業を終わらせることができ、
無駄なお金を払わなくて済みますよ。
■高齢の場合

老夫婦の方で、
どちらかお一方がお亡くなりになった場合も業者に依頼する方が良いでしょう。

高齢になると思うように体が動かず、
大きなものや重たいものは持てないものです。

もし、力があったとしても、大きな怪我につながりかねませんので
業者に頼む方が安全でしょう。
■忙しい場合

仕事で時間を空けられない方や、
小さいお子様がいて、
手が離せないような方にはぴったりですよ。
遺品の処分は、業者に依頼することで、
多くのメリットがありますし、
不用品の厳しい規定を気にする必要もないでしょう。
ご自分に合っていると思った方は、ご利用を考えてみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
  • Twitter
  • google+
  • RSS

・記事検索

気になるキーワードを入力して下さい

よく検索されるキーワード

気になるキーワードをクリックして下さい

Copyright© 2013 不用品回収・買取り かたづけコンビニ All rights reserved.