2022.03.14

不用品回収によくあるトラブルやその対策とは?

不用品回収業者を利用する方は、中には悪徳業者もいるということに注意が必要です。
不用品を早く処分したいからと言って適当に選んでしまうと後のトラブルなどにつながります。
それでは具体的に悪徳業者についてどう注意すべきかをご紹介いたします。

□不用品回収時のトラブルとは?

業者選びを間違えるととんでもない被害を受けてしまうことがあります。
もちろん善良な業者もいますが、中には表面上は善良に見えて中身は全くそうでもない業者がいます。

そしてそのような業者にあたってしまった方の被害は多岐に及びます。

やはり全体的に多い不用品回収時のトラブルは金銭トラブルです。

事例としてはまず、チラシに載っていた金額と実際の請求金額が異なるということがあります。
高齢男性が、ポストに入っていたチラシを見て不用品回収を利用し当初は8万円でやってもらえるはずだったのに、請求では47万円にもなっていました。

次は、無料回収と聞いて不用品を積み終えた後に処分にお金がかかると伝えられた事例です。
これも高齢者が被害にあっています。

そして金額を事前に伝えてくれない事例です。
荷物をすべて積まないと金額はわからないと言い、積み終わった後に高額請求するのです。
事前に見積もりをしておくことでこのような被害にあうことは格段に少なくなるでしょう。

他には盗難未遂などの事例もあり、倉庫の中身を漁られることもあるそうです。
処分予定以外の物まで持って帰られそうになり、しかも金目の物だったそうです。
不用品回収業者をご利用予定の方は特に金目の物には注意を払いましょう。

そして回収後に実害を被るケースとしては、格安業者による不法投棄です。
被害者は格安業者を利用しましたが、後に不用品が不法投棄されたことを行政から知らされます。
この場合、業者だけでなく所有者も処罰されるため被害者も罰則を受けることになりました。

格安といえども被害者はお金をかけて回収してもらったのに、後に罰則で余計にお金がかかってしまい相当腹立たしいものでしょう。

事前に調べないことや金額だけで決めたことが原因でこのように様々なトラブルに巻き込まれる可能性が高いので、被害を未然に防ぐためにきちんと業者のホームページを見てみたり見積もりをしてみたりと事前準備が必要です。

しかし善良な業者と悪徳業者の見分けがつかない方も中にはいらっしゃると思います。
次はこのような悪徳業者にひっかからないためにはどうすれば良いかをご紹介いたします。

□悪徳な不用品回収業者の見分け方とは?

悪徳回収業者の特徴としては4つあります。

1つ目は、よくみなさんの家のポストなどに不用品回収のチラシが入っていると思いますが、そのほとんどが無料で回収という謳い文句を書いています。

そもそも不用品回収は無料でできる訳がないのです。
自治体で回収できない物なども含まれるため一般的に自治体と比べて割高になるのが普通です。
何らかの工夫などで他社よりも安くなる場合はあるかもしれないですが、無料というのはありえません。

無料と謳っている業者は、回収料金は無料で後に運搬や出張料金という名目で料金を高額請求してくることが多いです。

しかもその請求もだいたいが荷物を積み終えてもう断れない状況でしてきます。
そして断り切れずに料金を払ってしまい、後から訴えようにも足がつかずに泣き寝入りというパターンも見受けられます。

非常に悪質ですね。
全部とは言えませんが、基本的にポストに入っている回収業者のチラシは安易に信用しない方が良いでしょう。

2つ目は、次はみなさんもよく耳にすると思いますが、街をトラックで巡回しながら不用品回収しますと促している業者です。

実はこのようなことをしている業者は不用品回収業者の免許を持っていることが少なくトラブルに見舞われることが多いです。
トラックで巡回するタイプの業者は、店や事務所などを構える必要がないので何かトラブルがあっても所在を突き止めるのが難しいです。

そのため違法業者の割合が高くなってしまいます。
このような業者によるトラブルを未然に防ぐためには安易に話しかけないに越したことはありません。
お手軽に回収してもらえると思うかもしれませんが、後のリスクを考えると妥当だとは言えません。

3つ目は上記の内容でも軽く触れましたが、会社の連絡先や住所が特定できない場合は悪徳業者の可能性が高いです。
チラシや広告などに記載されているものが曖昧な場合は避けたほうが良いでしょう。
善良な業者の場合は連絡先や住所は明確に記載されているはずです。

こちらももし何かトラブルがあり後から連絡を取ろうとしても取れないケースもあるので注意が必要です。

最後は急に訪問してくる業者です。
狙われるのは高齢者が多く時間帯も人が少ない日中が多いです。

一度家に入れてしまうとしつこく家の物を持っていこうとするので絶対家に入れてはいけません。
決まりの良い言葉で巧みに金品をもっていかれてしまうと返してもらうのも難しいかもしれません。
こちらから依頼する前に業者の方から勝手にくる場合は注意が必要です。

本当に様々なケースがあるので業者を選ぶ際は慎重に行いましょう。

□トラブルの不安を回避するには?

せっかく不用品回収業者を利用するなら安全にトラブルを回避したいですよね。
被害を受けないためにもしっかりと対策を講じておきましょう。

後の金銭トラブルを避けるためにも、まずは事前に見積書を書面などで受け取った方が確実です。
口頭のみだと言い逃れに繋がるのでやめておいた方が賢明です。

そして領収書を必ずもらうようにしましょう。
払った、払っていないのトラブルを避けるためにも領収書は忘れずもらいましょう。

買取りをした際も契約書をもらうことできちんと許可をもらって営業しているかの判断もできます。

そして不用品の処分方法を聞いておくのも効果的です。
もし回収されたものを不法投棄されでもすれば業者だけでなく、所有者も罰を受けるのでこのような事態を避けるためにも必ず聞いておきましょう。

□トラブルを未然に防ぐためには業者をどう選べば良いのか?

まずポイントとしては市町区村から許可を得ているかということです。
一般廃棄物処理業の許可を得ていないと他はすべて違法になってしまいます。

この許可は家庭から出る粗大ごみや不用品を回収できるもので、簡単に許可が下りないのに加え、もし違法行為をすればこの許可ははく奪され、再び取得するのは難しいのできちんと許可を得ている業者は信頼に値します。

ちなみに産業廃棄物処理の許可を取っているからと言っている業者ですが、この許可では家庭から出る不用品を回収できませんので気を付けましょう。

次に料金設定もチェックしておきましょう。
料金設定が非常に低価格であったり無料で回収するなどと謳っていたりしている場合は基本何か怪しいと思っておきましょう。

そして見積書を見た時も運搬料金なども含まれているかを見ておくことをおすすめします。
あまりにも低価格な見積もりの場合、後から予想外の追加料金を上乗せされる可能性があります。

会社の所在や評判、経歴も重要です。
きちんと住所や連絡先が明記されている場合、もし何かトラブルがあっても足がつきます。
長く続いている会社だとそれなりの業績と評判があることがうかがえます。
悪徳業者だとすぐに違法行為がばれてつぶれてしまうことが多いので一つの指標だともいえますね。

□まとめ

様々なケースがあるトラブルですが事前の準備で避けることができるのでぜひ参考にしてみてください。
被害にあってからでは後から補償を受けられるとは限らないので、安心安全な業者を調べて選んでいきましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • google+
  • RSS

・記事検索

気になるキーワードを入力して下さい

よく検索されるキーワード

気になるキーワードをクリックして下さい

Copyright© 2013 不用品回収・買取り かたづけコンビニ All rights reserved.