生前整理の方法と意義について

[2016-08-30]

生前整理とは、財産や相続の手続きを含めて身の回りの整理をしていくことを指します。

財産や家・土地、を誰に譲るのかといった問題や、名義やお墓をどうするかといった相続に関する問題を生きているうちに解決しておき、死後に親族が揉めることのないようにするために行うものです。

 

 

また近年、子供の独立や定年退職後といった人生の節目のときに、老後を快適に過ごすための老前整理が近年注目されるようになっています。

生前整理がどのようなものかは分かっても、何から手を付けていけばいいのか分からないといった人もいるでしょう。

それでは生前整理を行う上での手順について紹介していきます。

 

 

まず、最初に身の回りの不要なものは捨てておきましょう。

もちろん、自分が死んだあとに遺品を整理しやすくなるといった意味もありますが、不要な物を捨てると身の回りの整理がしやすくなり、快適にくらすことができるようになります。

親族のためだけではなく、自分にとっても非常にメリットのある行為ですので、しっかりとやっていきましょう。

 

 

次に、財産をまとめていきましょう。

金融資産、不動産などの資産の一覧表を残しておきましょう。

借入金や債務保証の内容などマイナスの財産も、相続財産の一つとなるので注意しておきましょう。

残された家族で行う遺品整理の負担を減らすため、相続でトラブルを回避するためにも、財産はなるべくまとめておくと良いでしょう。

 

 

また、生前整理を終えた後はエンディングノートを活用してみてはいかがでしょうか?

エンディングノートとは、訃報を伝えて欲しい友人や、希望の葬式、遺産についてなど家族に自分が死んだあとにやって欲しいことを記入してもいいですし、自分の気持ちを面と向かって話すことが苦手な方は、単純に家族に伝えたい自分の正直なメッセージを書くだけでも良いのです。

 

 

エンディングノートは遺言状のように法的拘束力はありませんが、遺言状とは違って家族に伝えたいことを自由にかけるという良さがあります。

故人の希望する葬式が分からずに困ってしまう方もいらっしゃるので、残された家族が悩まないようにするためにも、エンディングノートを書いておくといいでしょう。

 

 

また、エンディングノートを書くことは、今までの自分の人生や、家族との思い出を見つめなおす良い機会にもなります。

これで、残された時間を家族と一緒に過ごすことのできる大切さを実感できるのではないでしょうか。

 

 

生前整理やエンディングノートを用いることで、残された家族が安心して過ごせるようになりますし、今後の残された人生の価値を見直す良い機会にもなります。

みなさんも、ぜひ利用してください。

みなさんは家電リサイクル法について知っていますか

[2016-08-30]

みなさんは家電リサイクル法について知っていますか?

なんとなく聞いたことがあるという方はおられると思いますが、それについて詳しく知っているという方は少ないと思います。

家電リサイクル法は地球環境の保全、限られた資源の確保といった重要な課題を解決するために作られた法律です。私たちが持続的により良い暮らしを送るための、非常に重要な役割を担っています。

 

 

次に、実際に家電リサイクル法が具体的にどのような法律かということについて説明していきます。

家電リサイクル法は、家庭用エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の4品目についてのリサイクルの仕組みを規定するもので、具体的には小売業者や製造業者に対してリサイクルを義務付け、消費者に対しては収集運搬料金やリサイクル料金の支払いを義務付けるというものです。

 

 

そもそも、家電リサイクル法が制定される前は、一般家庭から出る家電製品のごみは鉄の一部などのわずかな金属しかリサイクルされていませんでした。

しかし、近年資源の再利用の重要性が注目され、鉄の他にもアルミやガラスなどの有用な資源のリサイクルをする必要性がでてきていました。

 

 

また、日本でも廃棄物を埋め建てる場所が徐々に限られてきているため、資源面だけではなく、廃棄物の削減という観点からもリサイクルの必要性が高まってきました。

そこで、リサイクルを促進する法律の一貫として家電製品の資源の再利用の仕組みを定める家電リサイクル法が制定されました。

 

 

最後に家電リサイクル法の実際の仕組みについて説明します。

まず、消費者が対象家電を処分するときは、小売業者か市町村に対象家電を引き渡し、料金を支払う必要があります。

この料金はリサイクル料金だけではなく、収集運搬料金が加算されている場合があります。

 

 

次に、小売業者や市町村は、その対象家電の製造業者に対象家電を引き渡します。そして最後に製造業者が対象家電のリサイクルを実施します。

また例外として、製造業者が不明の対象家電については小売業者や市町村が収集運搬を行うところまでは同じですが、次に製造業者に代わって指定法人がリサイクルを実施します。

 

 

家電リサイクル法について知ることができれば、リサイクル料金を支払う意義も理解できますよね。

この料金が、地球環境の保全につながると考えたら嫌な気はしないと思います。

そのため、家電リサイクル法の仕組みを広めることは対象家電の不法投棄を抑制する効果もあるのです。

 

 

 

ゴキブリが出ないようにするためには

[2016-08-23]

大嫌いなものは何ですか?

と聞かれてゴキブリと答える人も多いはずです。

それくらい出現率も高くやっかいな存在ですよね。

今回はその害虫の代表ともいえるゴキブリが出にくくなるには、どのようにすべきかについて説明していきます。

 

 

まず、物件を選ぶ段階のときに注意すべき点について話したいと思います。

物件を選ぶ場合、飲食店が近くにある部屋はゴキブリがとても出やすいので、できるだけ避けましょう。

なぜなら、飲食店には絶対と言っていいくらいゴキブリが出ます。

飲食店で出る生ごみは彼らにとって格好のエサなので、彼らはそのエサを求めて何としてでもそこを住処にするからです。

 

 

そこで繁殖したゴキブリたちが新たな住処を求めて近くの家に潜入してくるため、近隣の建物にもゴキブリが出るようになります。

また、ゴキブリは風通しが悪くてジメジメした場所が大好きなため、日当たりが悪く、周囲が建物で囲まれているような部屋はできるだけ避けましょう。日当たりが良く、湿気も少ない2階以上の部屋に住むことをおすすめします。

2階以上の部屋であれば、ゴキブリの侵入ルートが少なくなるというメリットもあります。

 

 

もちろん、2階以上であってもゴキブリが出る部屋には出ます。

ゴキブリが飛んで来て侵入する場合もありますし、壁をよじ登って侵入してくる場合もあります。

他にも、引っ越し時の段ボールや家具にゴキブリが潜んでいて、そのまま上層階に住みつくといったケースもあります。

 

 

しかし、上の階に行けば行くほどゴキブリと遭遇しづらくなるというのも事実ですので、できるだけ上の階を選ぶのは賢い選択といえます。

そして、次にすでに部屋に住んでいる人が気をつけることについて説明します。

ゴキブリと遭遇しないために、非常に重要なのはやはり部屋を綺麗に保つことです。

部屋が汚いと、ゴキブリの隠れる場所を作ってしまい、ゴキブリが住みやすい環境になってしまいます。

 

 

また、部屋が汚いとゴキブリが住みやすくなるという理由以外にも、掃除する機会が減るという点からもゴキブリが部屋に出やすくなります。

食べ物のカスや飲み残しのジュース、生活していれば必ず部屋に落ちてしまう髪や爪、ふけなどの人間には食べられないようなものは彼らにとってはエサとなります。

このようなゴキブリのエサを部屋に放置することは、ゴキブリを部屋に呼んでいるようなものであり、非常に危険です。必要のないものは部屋に置いておかずに積極的に捨てることで、片付けやすい部屋にすることができます。

 

 

最後にゴキブリが出ないような部屋にするための方法を紹介します。

ゴキブリはミントなど香りの強いハーブが大嫌いなので、ハーブをベランダや部屋で植えるのはとても効果的です。

それに加えて毎日の掃除や換気でお部屋を清潔に保つことができれば、害虫の発生をかなり抑えることが可能になります。

リサイクルであなたも環境問題に力を入れよう!

[2016-08-19]

部屋の大掃除とまでいかないまでも、気になる納戸や物置などの整理や掃除をしていると少なからずゴミが出てくるものです。

納戸や物置には日常的に使うものや一時的に保管し、そのままになっている物など様々な物があります。

 

 

特に、一時的にしまい込んだ物などは、簡単に処分できるものからどう処分すれば良いのかわからないものまで、更には、比較的大物から雑貨品といった様々不用品が出てくるものです。

その不用品を処分するのは手間がかかりますし、環境にも悪いですよね。

 

 

そこで、今回はリサイクルに関することをご紹介します。

リサイクルとは、使い終わったものを再資源化し、また新たに製造して利用することを言います。

私たちの身近なものでいえば、ペットボトルをキャップとラベルと本体に分別して捨てていますよね。

リサイクルされたペットボトルは、ボタンやジャージや卵のパックやハンガーなどの日用品に生まれ変わります。

 

 

ですから、リサイクルは有限である地球の資源を守ることに繋がるのです。

リサイクルの最大のメリットはそこにあります。

ゴミを減らすことができるのも良い点ですね。

 

 

では、逆にリサイクルのデメリットは存在するのでしょうか。

これは耳にしたこともあるかもしれませんが、リサイクルにはコストがかかり、その分リサイクル製品の価格も高くなります。

 

 

加えて、ペットボトルを分別する際もですが、やはり手間がかかりますよね。

資源が少ない日本で環境問題が話題になっている現在、リサイクルについて教育も施され、社会の意識がかわりつつあります。

 

 

ですが、少し手間がかかったり、リサイクル製品の価格が高いことからリサイクルに進んで協力し、リサイクル製品を購入する方はまだまだ少ないです。

このようなことからリサイクルに関する意識が低いことが分かります。

もっとリサイクルに関する意識を社会全体で共有し、環境保護に積極的に協力する社会になれば良いですね。

 

 

自治体で発行している分別リストのなかに記載されていないものを捨てたい場合や、リサイクル品か焼却品かを判別することが非常に難しいものがあります。

分別が難しく処分がわからなければ不用品回収の業者に任せると安心して、専門家の目でリサイクル品として利用できるものと焼却処分とを的確に分別しながら処分してくれます。

 

 

不用品回収業者に任せるあなたのその行動一つが、私たちの環境に関わってくるのです。

業者に依頼することでリサイクル品として生まれ変わり、必要とする人の暮らしの必需品として生まれ変わることができるのです。

行政回収と回収業者の違いとは!?

[2016-08-16]

行政回収と回収業者の違いをご存知でしょうか。

明確な違いが分からないがゆえに適した機関を利用せずに損するかもしれません。

そこで、今回は行政回収と回収業者の違いとメリット、デメリットについてご紹介します。

 

 

行政回収とは、市区町村が主体の回収方法です。

回収品目や価格は市区町村によって異なりますが、1つ言える行政回収の最
大のメリットは安全に処理を依頼できるということです。

 

 

行政が管理すると安心して任せられますよね。

行政回収ではなく、回収業者は行政が管理していないため悪徳業者も中には存在します。

もし、悪徳業者にだった場合は見積もりと異なる高額な料金を請求されたり、適切に処理されず不法投棄される可能性もあります。

 

 

十分に注意するようにしましょう。

不用品の処理といっても行政回収は回収不可なものが多く定められているので、それらの処分をどうするか検討しなくてはなりません。

 

 

その点、その点、回収業者はほとんどの物が回収できるのです。ですから、面
倒な回収も1度ですますことができてとても便利です。

さらに回収したものを売ってお金にすることもできますので、意外と高く売れるものがあるかもしれませんよ。

 

 

回収業者には回収する物によって市町村からの許可が必要になります。
あらかじめその許可を得ているので、さまざまなものの回収に対応してもらえるのです。

何が回収できて、どんな許可が必要なのかはあらかじめチェックが必要です。

 

 

加えて、回収業者は朝から晩まで受け付けているところも多いですし、場所も近くまで来てくれえるので融通が利くといえます。

それに比べて、行政回収は時間と場所がはっきりと決まっていますので、当日の朝に出す必要があります。

 

 

ですので、勤務されている方など時間を合わせるのが難しいという方は回収業者を利用すると良いですね。

回収業者は時間や場所に融通が利くだけでなく、早ければその日のうちに対応してくれるところもありますので素早く作業することができます。

 

 

また、年末年始もやっているところが多いですので、大掃除の際に出てきた不用品や、引っ越しの際の荷物運びまで請け負っています。

少し費用が多くかかる分、サービスが充実していますのでおすすめです。

 

 

また、リサイクル法などで定められているものの回収に関しては、その費用も上乗せされます。

何にどれくらいの処分費用がかかるのか調べておくと、大体の処分費用にか
かる金額を把握することができます。

 

 

回収業者によっては、無料で見積もりを出してくれるところもあるので、それを利用しましょう。

引っ越しの荷造りはお早めに

[2016-08-12]

引っ越しの準備はとにかく早めに準備することをおすすめします。

早めに準備することで引っ越しの日まで気持ちに余裕をもって過ごせますし、早めに準備をしておくことのメリットが多くあるのです。

今回は、早く荷造りすることのメリットを3つご紹介します。

 

 

1つ目は、不用品の処理がしやすくなるということです。

荷造りをしていると不用品が多く出てきますよね。

大量の不用品を処分するとなるとやはり手間がかかりますし、家電などはほかと処分の方法が異なりますので、注意が必要です。

 

 

不用品を早めに整理しておくことによって、不用品を買い取ってもらうこともできます。

廃棄や回収にお金を取られるよりも、少しでもお金にしたいですよね。

もし、引っ越しシーズンの場合は、不用品買取の予約が取りづらくなる可能性もありますので注意しましょう。

 

 

2つ目は、冷蔵庫を運ぶのには意外と時間がかかります。

冷蔵庫などの日用品はギリギリまで使いたい!という方が多いですが、あまりギリギリですと良くありません。

なぜかというと、冷蔵庫は前日から電源を切っておかなければならないからです。

霜取りに時間が必要ですし、もし運搬途中に水漏れをおこせば多くの方に迷惑をおかけします。

 

 

できれば、2日前くらいから準備しておくと良いでしょう。

洗濯機の運搬にも注意が必要です。

洗濯機は運搬の前に空脱水をして中の水を抜いておくと運搬の際に水漏れが起こることもないでしょう。

また、ホースを蛇口から外す時は蛇口についている部品も忘れずに取り外しましょう。

基本的に洗濯機は業者の方がやってくれるのですが、先にこういった準備を済ませておくと業者の方も助かります。

 

 

3つ目は、引っ越し業者を決める前に見積もりをしましょう。

引っ越し業者は非常に多くあり、なかなかすぐに決めるのは難しいですよね。

ギリギリで引っ越し業者を決めると大きく損をする場合や、逆に不用品回収業者に依頼するとお得になる場合があります。

 

 

さまざまな業者を見積もりすることで比較できますし、見積もりをするだけで大幅に金額が安くなることもあります。

どこの引っ越し業者も自社を利用してほしいからです。

余裕をもって見積もりをするだけで、引っ越し費用が半額になったという例もあるのでこちらも早くから行動すると良いでしょう。

 

 

引っ越しの準備は直前にバタバタしがちですが、余裕をもって準備に取り掛かることで不用品をお金にしたり引っ越し費用が安くなったりと経済的にもかなりお得です。

加えて、計画的に準備することで引っ越しに対する心持も大きく異なるでしょう。

不用品回収実績54,620件

かたづけコンビニはここが違います

法人のお客様

全サービス案内

  • 定額大量処分パック
  • 割引クーポン

かたづけサービス

  • 不用品・廃品の回収
  • ゴミ屋敷の清掃
  • 遺品整理

お引越しサービス

  • お引越し
  • 家具の移動

便利サービス

  • 軽作業地
  • 買取
  • ハウスクリーニング
  • 法人・店舗向けサービス
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ

お客様の声

お客様の声
かたづけコンビニのサービスをご利用
頂いたお客様の声を掲載しています。

町田市 K・J様 遺品整理

かなり多くの遺品がありましたが1日だけ片付けてくださいました。

忙しい中でしたので大変助かりました。

伊勢原市 高木様 ハウスクリーニング

引越し退去前にハウスクリーニングを依頼させて頂きました。

かなり汚かったのですがとても丁寧に掃除してくれて助かりました。

スタッフの方の感じがとても良かったのでまた依頼したいと思います。

横浜市 Y・I 様 

不用品回収を依頼しました。

お忙しい3月なのに、当日対応していただき助かりました。

時間も夜の22時からと夜間対応していただきました。ありがとうございました。

▲ページトップへ戻る

Copyright© 不用品回収・買取り かたづけコンビニ All rights reserved.