ゴミ屋敷にしないために

[2015-12-28]

b9475930ef39a12bb1a95d92652cb9ab_s

生活空間を綺麗にして、気分良く生活をしていきたいのは
誰もが思っていることです。

 

しかし、一人暮らしをしていて、寂しさやストレスなどから、
ついついゴミを捨てるのが億劫になってきたりします。

 

週に2〜3度のゴミ出しの日が分かっていても
なかなか出しに行けない方もいます。

 

ゴミ出しをする日を間違ったり、ゴミ出しをする
時間帯にも気をつけなければいけない場合が多いので、
ゴミがたまりやすい人には、その事を考える事自体が
負担になってしまう事もあります。

 

すると、ゴミがゴミを呼ぶようにあっという間に
足の踏み場もないと思われるような状態になってしまいます。

 

そうなると、自分ではなかなか元どおりにすることが
できなくなってしまうので、みな最後は困りはてて業者さんに
依頼するのです。

 

その後もその状態は繰り返されて、
業者さんにいくらお願いしても繰り返しゴミがたまって
しまうこともよくあります。

 

皆、最初の頃は何とかしなければと、対策をとったりします。
「一人の時間が長く、他の人の目を気にしないからいけない」
と思って、できるだけ人を部屋に呼ぶようにしたりします。

 

その時だけは少し片付けたりするのですが、
やがて、それをするのも面倒になり
人を呼ぶこともやめてしまう方が多いです。

 

そして、また元の状態に戻ってしまいます。

 

片付けられない事は良くないことだと
解っていてもなかなか片付かないものです。

 

他にも対策として本で見た、
去年着なかった服や見なかった本などの不用品を
とにかく捨てるのが効果的だと知って、
とりあえずやってみたりします。

 

しかし、実際に捨てようと見始めると、
「今年は着なかったけど来年は着るかも」と思ったり、
流行遅れは感じていても「きっといつかまた・・・」と思い、
なかなか分けることさえできなくなってしまいます。

 

「綺麗にしたい、片付けたい」と思っているのは
まだ、見込みがある状態ともいえるので、この段階で
何とか良い対応をとっていきたいところです。
それがひどくなってくると、臭いや虫の発生などで
近所に迷惑がかかってくる場合もあります。

 

たまってしまってからでは
自分でも手がつけられなくなってしまいます。

 

おすすめの方法としては
ゴミ箱を身近に何種類かよういしておき、
自分の気持ちが離れた物はそこにいれて、
少しでもたまってきたら素早く捨てるという方法です。

 

捨てようと思い立った時に簡単に捨てられる場所が
必ず身近に有るように、準備しておくことが重要です。

 

捨てる作業がどうしても負担に感じる場合は、
業者を使用してもいいのですから、
まず要らないものを要らないと判断することが
もっとも重要な点です。

 

シンプルですが、なかなか効果がありますので、
一度試してみてください。

 

すでにもう手が付けられないので
一度綺麗にしてからでないとできないという方は
一度業者さんに依頼して一掃してからが良いかもしれません。
業者さんにお願いすればプロですのですぐにキレイにしてくれます。

 

自分が苦手な部分を他の人に依頼してもいいのです。
無理をし過ぎると長続きはしないものです。

 

自分に合った方法を選び、できるだけすっきりとした部屋にして、
毎日を気持ちよく過ごしていきたいですね。

自動車リサイクル法の特殊性

[2015-12-23]

34a42f91f4f796bfecc04d0018875d61_s

平成17年の1月1日から施行された自動車リサイクル法によって、
公道を走行させている自動車については全ての車両で、
原則として新車購入時に負担をしていることになります。

 

リサイクル料金は車種によって設定が異なっており、
各自動車メーカーによって予め決められた金額を
支払うことが基本です。

 

6000円から18000円程度が標準的な料金になり、
支払いを済ませた場合では
リサイクル券と呼ばれるものを手にすることになります。

 

一方で、購入時に負担しないものもあり、
その場合は、引き取り業者へ引き渡す時に負担することも基本になり、
どのような状態であっても、
所有していた自動車を廃車にするような場面では、
結果的にリサイクル料を支払うことが原則です。

 

リサイクル券に関しては一度支払った場合では、
同一の車両については廃車となって
最終的に解体を行う場面まで有効とされており、
例えば、途中で中古車として売却を行った方のケースでは、
次の所有者にリサイクル券が引き渡されることになります。

 

一見すると損をしているように見えますが、
実際には中古車の買取り店では、既に支払っているリサイクル料金を
買取り額に上乗せをすることになり、
この点については確認が必要な項目です。

 

リサイクル料金は、国から指定を受けた資金管理法人が管理しており、
常に適切に管理を行っていることになり、
一時預かり金のような意味合いを持っており、
実際に解体作業を行う際に支払った料金が使われることになります。

 

自動車リサイクル法で対象とされる内容では
エアコンのフロンガスの回収やエアバッグに対する処理量、
シュレッダーダストなどが該当することになり、
その他の部分については買取り業者によっては
金属などに価値を出していたり、
パーツ類に価値を出すことを行うことも基本です。

 

自動車の所有者が中古車として売却するのではなく、
解体作業を希望している状態であれば、
使えるパーツ類などは不用品として
売却を行う方法も用意されています。

例えば、タイヤやアルミホイールなどは価値を持っていることも多く、
再利用可能なパーツとして人気を得ています。

 

他にもステアリングやライト類、シートなど
各パーツ別に価値を見出す業者も存在しており、
事前に調査を行う方法で有利に廃車を行うことができます。

 

珍しい例ですが、リサイクル料金を預貸する必要がなくなれば
きちんと返金されることになります。

 

例えば、解体をせずに抹消登録を済ませた上で
展示用として飾る場合では該当する可能性があります。

自動車リサイクル法をご存知ですか?

[2015-12-18]

34a42f91f4f796bfecc04d0018875d61_s

自動車が廃車として処理されるとき、
1台につき総重量の80パーセントがリサイクルされ、
残りの20パーセントが埋め立て処分されています。

 

1年あたり約360万台もの車が廃車となるため、
年々埋め立て処分場のスペースが少なくなっています。

 

さらに、廃車にするときに業者によっては
きちんと処理しないことがあり、
オゾン層の破壊や地球温暖化になる懸念が増えていました。

 

それらを少しでも解決するために、
平成14年に使用済自動車の再資源化等に関する法律、
いわゆる自動車リサイクル法が制定されました。

 

それにより、廃車から出る資源をリサイクルして、
環境問題への対応が図れるようになりました。

 

自動車メーカー・輸入業車にシュレッダーテスト、
エアバック等、フロン類の引き取り・リサイクルを
義務付けされるようになり、
カーエアコンの冷房などで利用されているフロン類を
きちんと処理することも義務付けられました。

 

処理費用はリサイクル料金として
車の所有者が負担することになりましたが、
それによってリサイクルが確実に促進されるようになりました。

 

今まで、専門的な技術がなければ処理が難しかったエアバッグ類も
安全に処理をすることができるようになりました。

 

今までも自動車には鉄やアルミ等の金属が多く使われていたため、
リサイクル率が高かったのですが、
さらに、リサイクルが促進されるようになりました。

 

廃車をする保有者が、廃車を引き取る業者にひき渡すと、
財団法人自動車リサイクル促進センターの情報管理センターに
報告をすることになっています。

 

その後、引取り業者がフロン類回収業者や解体業者、破砕業者に
自動車を引き渡しますが、それぞれの業者ごとに情報管理センターに
報告することになっているので、不法投棄などを防ぐことができます。

 

業者は回収したフロン類やエアバッグ類、シュレッダーダストを
自動車メーカーや輸入業者に引き渡すと、
回収料金が支払われる仕組みになっています。

 

自動車リサイクル法は金銭的な流れまでしっかり決められているので、
日本では1年あたり約360万台もの車が廃車になっていますが、
ほとんどが法律に則って処理されています。

 

これによりフロン類を適切に処理し、
オゾン層の破壊や地球温暖化を
最小限に食い止められるようになっています。

 

処理費用はリサイクル料金として
車の所有者が負担することになっています。
嫌だなと感じる人も多いですが、リサイクルをすることで
資源を無駄にせず、環境を守ることにも繋がっています。

いらなくなった家電は不良品回収で

[2015-12-13]

洗濯機や冷蔵庫などの大型家電の処分に、 困っているという人も多いのではないでしょうか。

817fcd3a0c5c6cb10ff8ff69fe05597c_s

このような大型のものは家から運び出すだけでも大変ですし、 近年処分をするだけでも、お金がかかるようになっているので、 捨てるものにあまりお金を掛けたくないという人も多いものです。

 

また、行政の粗大ごみ回収サービスを利用するときなどには 指定された日に、指定された場所に持っていかなければなりませんし、 有料のゴミシールなどを事前に連絡をして 購入をする必要があるため、手間がかかるものとなっています。

 

家の直ぐ側にゴミ回収場があれば、それほど負担にはなりませんが、 離れた場所にある場合にはそこまで持っていくのも大変なものですし、 大型の冷蔵庫などともなれば、 実質的に運び出すことは不可能な場合も少なくありません。

 

無理に運ぼうとすれば、家の中を傷つけてしまう恐れもありますし、 重たいものを運ぶことによって、体を痛めてしまう恐れもあります。 指定された日に出さなければいけないものであるため、 その時間に出すことができなければ処分をすることができませんし、 大型家電の処分というのは費用の面でも、 手間の面でも問題が多いものです。

 

そこで、そのような大型の不用品というのは、 不用品回収業者に依頼するのが一番お得な方法となります。

 

不要品回収というのは使用可能か不可能かにかかわらず、 回収業者が引き受けてくれるので、古いものから新しい物、 壊れているものからまだまだ使えるものなど関係なく、 引き取りをしてくれるので、 処分をしてもらいたいものの状態を気にする必要がありません。

 

自宅まで来て査定し、その場で買取をすることができるので、 粗大ごみ回収に出すのと違って、 特定の日にまで処分をすることができないということもなく、 すぐに現金を受け取ることができるため 安心して不用品回収を利用することができるようになっています。

 

搬出に関してもプロに任せることができるので、 家の中を傷つけてしまう恐れもなければ 重たい物を持って体を痛めることもありませんし、 運搬中の事故なども防ぐことができるので、 そのような面からも安心して不用品の処分をすることができます。

 

このように、不用品回収業者に依頼をする利点というのは 非常に多いものとなっているので、 洗濯機や冷蔵庫などの大型家電の処分に困っているというときには まず不用品回収業者に相談をしてみて、 引取をしてもらうことができるのかどうか聞いてみると良いでしょう。

遺品の処分に困っていませんか?

[2015-12-08]

亡くなった人が持っていたものを整理することを遺品整理と言いますが、
自分でするとなると、たくさん必要のないものがでてきて
どのように処分すれば良いのか分からないものですよね。

915c8dabdff0db3c753073779d5e2fa5_sそこで今回は、遺品の処分を業者に任せる際のメリットをいくつかご紹介しようと思います。

■遠方に住んでいる場合

お亡くなりになった方は必ずも近くにいるとは限りませんよね。

車で行かなければいけない距離であったり、
中には飛行機に乗って行かなければいけない距離である場合もあります。

遺品整理は自分でするとなると、
一日では片づけられないことが多いですから遠方に住んでおられる方は業者にお願いする方が良いでしょう。

■気持ちの整理が付けられない場合

近くにいすぎても依頼する方が良いことがあります。

なぜなら、身近にいるということは、
一緒にいた時間が多く、
その分悲しみが大きくなってしまうのです。

大好きな人がお亡くなりになった場合、
立ち直ることができず、何も手につけられない人が多いものです。

そのような人は、亡くなった人の遺品を大事に思っているので、
例え、捨てても問題のないようなものでも、
自分で捨てることは困難なのです。

しかしながら、いつまでも遺品をそのままにしておいてしまいますと、
気持ちもどんよりしたままですし、
亡くなった人も天国に行くことができないでしょう。

ですので、手がつけられない場合も業者に依頼すると良いでしょう。

遺品を整理して、自分の気持ちも整理するようにしましょうね。

・賃貸物件に住んでいた場合

亡くなった方が賃貸物件に住んでおられた場合も依頼する方が良いと言えます。

なぜなら、賃貸物件であれば、早く遺品を整理して部屋を明け渡さなければ
次の月の家賃が加算されてしまいます。

「一か月くらいであれば大丈夫」と思っていると
その次の月も、さらにその次の月も…
というようにどんどん延期してしまいがちですので、
注意するようにしましょう。

業者に頼むことでスムーズに作業を終わらせることができ、
無駄なお金を払わなくて済みますよ。
■高齢の場合

老夫婦の方で、
どちらかお一方がお亡くなりになった場合も業者に依頼する方が良いでしょう。

高齢になると思うように体が動かず、
大きなものや重たいものは持てないものです。

もし、力があったとしても、大きな怪我につながりかねませんので
業者に頼む方が安全でしょう。
■忙しい場合

仕事で時間を空けられない方や、
小さいお子様がいて、
手が離せないような方にはぴったりですよ。
遺品の処分は、業者に依頼することで、
多くのメリットがありますし、
不用品の厳しい規定を気にする必要もないでしょう。
ご自分に合っていると思った方は、ご利用を考えてみてはいかがでしょうか。

不用品の処分は役所か業者どっちに依頼すれば良いの?

[2015-12-03]

fbc4ff99cb5802280f08a3ea2275ea35_s

不用品が出てきてしまった場合、役所か回収業者かどっちに依頼すべきか悩んだことはありませんか?

まず、役所は処分できないものが多くあるのです。

例えば、洗濯機・エアコン・テレビ・冷蔵庫など
リサイクルを対象とした家電製品は役所で処分できません。

一方で、不用品回収業者では、強烈な悪臭を放つものや、引火性のあるもの、危険なものを除いて、
役所では取り扱っていない
家電リサイクルなどはもちろん、ほとんど全ての不用品回収が可能です。

また、役所に依頼すると手間がかかってしまいます。

役所に不用品を回収してもらうには事前に有料粗大ゴミ回収券が必要であり、さらには日時を指定することができません。

収集は朝8時から午後3時半くらいまでしか行っておらず、
収集日の朝8時までに持っていかなければならないのです。

働いている方にとって利用するのは難しいかもしれません。

業者であれば土日祝でも夜中でも営業している所が多いですので、
忙しい方にはもってこいですね。

また、即日対応が可能ですので、
すぐに処分したい場合にも業者を選んだ方が良いと言えるでしょう。

そして、一人暮らしの女性にとっても不向きだという点があります。

それは、指定場所まで自ら不良品を運ばなければいけないためです。

不用品の運び出しを自分でしなければならないということは、
役所の人が自宅に来てくれないということですので、
解体作業も、もちろん行ってくれません。

不用品回収業者の中には、
もし、大きい不用品が玄関から出すことができない場合でも
ベランダなどから吊り下げて搬出してくれる業者もありますよ。

ですので、エレベーターがないアパートなどでも安心して利用できますね。

このように役所では対応できないことが多いですが、
価格においては比較的安いものとなっています。

ですので、簡単に運び出せるものや、
時間があるという方にはぴったりかもしれません

また、役所は信頼性がありますが、
不用品回収業者の中には悪徳業者が存在します。

そのため、依頼する前に業者についてきちんと調べることは重要ですよ。

損害賠償がない業者はやめておいた方が良いでしょう。

なぜなら、大きなものを搬出するときには
壁を傷つけたり、モノを壊してしまうということが少なくありません。

そのようなときのために、損害賠償があると安心して依頼できますよね。

自分で運び出すときに、家の中のものを傷つけたとしても
自分のせいにするしかありませんので、
その点においても業者に頼むことは魅力的ですね。

生活スタイルや回収物に合わせて役所に依頼するか
業者に依頼するかを選択してくださいね。

不用品回収実績54,620件

かたづけコンビニはここが違います

法人のお客様

全サービス案内

  • 定額大量処分パック
  • 割引クーポン

かたづけサービス

  • 不用品・廃品の回収
  • ゴミ屋敷の清掃
  • 遺品整理

お引越しサービス

  • お引越し
  • 家具の移動

便利サービス

  • 軽作業地
  • 買取
  • ハウスクリーニング
  • 法人・店舗向けサービス
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ

お客様の声

お客様の声
かたづけコンビニのサービスをご利用
頂いたお客様の声を掲載しています。

町田市 K・J様 遺品整理

かなり多くの遺品がありましたが1日だけ片付けてくださいました。

忙しい中でしたので大変助かりました。

伊勢原市 高木様 ハウスクリーニング

引越し退去前にハウスクリーニングを依頼させて頂きました。

かなり汚かったのですがとても丁寧に掃除してくれて助かりました。

スタッフの方の感じがとても良かったのでまた依頼したいと思います。

横浜市 Y・I 様 

不用品回収を依頼しました。

お忙しい3月なのに、当日対応していただき助かりました。

時間も夜の22時からと夜間対応していただきました。ありがとうございました。

▲ページトップへ戻る

Copyright© 不用品回収・買取り かたづけコンビニ All rights reserved.