要注意!回収業者は危険??家電の正しいリサイクル方法

[2017-10-20]

不要になった家電を処分する際、みなさんはどのようにしていますか?家電を処分する際の方法の一つに、「回収業者にリサイクル品として出す」というのがあります。

この方法を取る場合、注意が必要です。「無料回収」や「格安回収」などをうたう業者に適当に回収を依頼していませんか?

今回は、家電をリサイクルに出す方法と回収業者を選ぶ際の注意点についてご説明したいと思います。

 

◯家電の回収方法

家電の回収方法には、おもに3つの方法があります。

 

(1)販売店に引き取りを依頼する

過去にその家電を購入したお店などがわかる場合には、そのお店に引き取り義務があるので、引き取りを依頼することができます。

 

(2)指定取引場所の持ち込む

自分で家電を運搬できる場合、郵便局でリサイクル料金を支払い、市区町村が指定する指定取引場所に運搬するという方法があります。

 

(3)回収業者に依頼する

自分で家電を指定取引場所に持ち込めない場合、回収業者に依頼する方法があります。

 

◯回収業者を選ぶ際の注意点

家電を購入したお店が不明で、自分で家電を運搬できない場合には、回収業者に依頼することになります。

ここで注意すべきなのが、回収業者には「無許可の業者がある」ということです。街中を大音量で巡回したり、チラシやインターネット広告などで「不要になった家電、無料で回収します!」などとうたう業者の中には廃棄物の回収や処分を無許可で行う業者があります。

 

無料で回収してくれるのはありがたいと思うかもしれませんが、依頼する前にその業者が許可を得ているか(「一般廃棄物収集運搬業許可」を有しているか)を確認する必要があります。

 

◯無許可の業者に依頼したらどうなる?

無許可の業者が回収を行った場合、その廃棄物はどこに行くかわかりません。

法を守った適切な処分がなされるか確認できないのです。

例えば、社会問題である「不法投棄」であったり、環境対策を行わずに家電を破壊することによる有害物質の放出といった「環境を害する不適正な処理」がなされる場合があるのです。不適正な処理や管理により火災につながる場合さえあります。

 

また、環境の問題だけでなく、あなた自身の不利益につながる可能性も高まります。

はじめは無料といっていたのに、後から全ては無料ではないと言って、高額な請求をしてきてトラブルにつながる場合があります。
 

-まとめ-

いかがでしたか?

家電を処分するときは回収方法をちゃんと確認し、回収業者に依頼する場合は、料金の問題もありますが信頼できる業者であるかをしっかり確認してからお願いするようにしましょう!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かたづけコンビニ
http://katazuke-conveni.com/
住所:〒252-0244 神奈川県相模原市
中央区田名5405-1
TEL:0120-247-535
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

無許可業者に注意!不用品回収の無許可業者の見分け方

[2017-10-16]

家電などの不用品をリサイクルする方法には、販売店に引き取りを依頼する、指定取引場所に自分で持ち込む、回収業者に依頼するといった方法があります。

ここで、回収業者に依頼する方法を取る場合、依頼先がちゃんと許可を得ている業者か確認する必要があります。

「無料で回収」「格安で回収」とうたう業者の中には、許可をとっていない違法業者が存在します。

 

今回は、不用品回収の無許可業者の見分け方についてご説明したいと思います。

 

◯無許可回収業者に依頼するとどうなる?

 

リスク1:「法を守った適正な処理を確認できない」

無許可の業者に不用品を引き渡した場合、それはどこに行くかわかりません。

不法投棄をはじめとする不適正な処理が行われる可能性があります。

 

リスク2:「金銭トラブルになるおそれがある」

はじめは無料といっていたのに、後から全ては無料ではないと言って高額な請求をしてきて、トラブルにつながる可能性もあります。

 

◯無許可回収業者の見分け方

では、無許可の業者、すなわち違法業者をどのように見分ければ良いのでしょうか。

一番は、許可の名称を把握し、その許可を持っているか確認することです。

 

【許可証を確認する!】

家庭から出る粗大ゴミや不用品、廃品を回収することができるのは、市区町村から発行された「“一般”廃棄物処理業許可」を得ている業者のみです。

「“産業”廃物処理業許可」や「古物商の許可」では回収できません。

 

・一般廃棄物処理業許可:

許可を取得するためのハードルが非常に高く、ゴミ処理業界の国家資格のようなものです。この資格を持っている業者ならば絶対安心です。なぜなら、違法なことをした場合、この資格はすぐに剥奪され、二度と取得することができなくなるからです。

 

・産業廃棄物の許可:

これは、企業や工場から出る廃棄物、例えば、木材、プラスチック、泥、鉄などを収集するための許可です。

この許可はとても簡単に取得できるため、違法業者でもこの許可を持っています。

この許可だけでは、家庭の不用品を回収することはできません。

 

・古物商の許可:

警察が発行するもので、価値のある美術品や骨董品を買い取るという許可で、これも簡単に取得できます。

家庭の不用品回収の許可とは全く関係がありません。

 

-まとめ-

いかがでしたか?

違法業者に依頼すると環境に害を与えたり、金銭トラブルにつながったりする可能性があります。

必ず、「一般廃棄物処理業許可」を持っているかを確認してから依頼するようにしましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かたづけコンビニ
http://katazuke-conveni.com/
住所:〒252-0244 神奈川県相模原市
中央区田名5405-1
TEL:0120-247-535
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

遺品整理の手順についてー業務委託で簡単に!ー

[2017-10-12]

遺品に関して、その整理に悩まれる方も多いと思います。特に仕事の都合上、両親と離れたところに住んでいる方は、なかなかまとまった時間を取ることが難しいのではないでしょうか。

また一人暮らしの高齢者の方が増加し、近くに身寄りのない方も増えつつある中で、この遺品回収・整理の問題は多くの人にとって身近な問題となりつつあります。

そこで今回は、その問題を解決する一つの手段として、不用品回収についてご紹介したいと思います。

 

遺品整理・遺品処分とは?

遺品整理・遺品処分とは、亡くなった方の所有物を整理、処分することを言います。

基本的に物の所有者がなくなった際には、その遺族によって整理される必要があります。

亡くなった方の不要なものを処分し、もしくは残すものを決めることによって、その整理を行います。

 

遺品整理・遺品処分の対象となるものは、家具、家電製品、寝具、衣服、アルバムなど思い出の品、生活実用費、現金・通帳、貴重品、貴金属など多種多様です。

遺品が高額の場合には、遺産分与という形で遺族の方が受け取るような形で処理されることもあります。

 

手順・仕方

遺品整理を行う上では、五つの手順があります。

一つ目、残すものと処分するもの分別。

二つ目、リサイクル可能なものを仕分け。

三つ目、ごみの分別。四つ目は、分別したごみの処分。五つ目、部屋の掃除と各種手続きを完了です。

 

この過程の中で、遺族の方が関わる必要があるのは、一つ目の残すものと処分するものの分別、最後の部屋の手続きのみです。

ここでしっかりとどれを残して、どの遺品を処分するのかを決める必要があります。

 

それはすなわち、必要な遺品とそうでないものを決める以外はその他の全てを業者に委託することができることを意味しています。

以外にも細かいリサイクルの分別、ごみの分別、そしてその処分は時間と労力のかかるものです。

ここを業者に委託するだけでも、遺品整理にかける労力はとても少なくなるでしょう。

 

 

以上に述べたように、遺品整理はその対象に多くのものを含むため、非常に手間のかかるものです。

また家具などを処分する際には、その都度また手間がかかります。

仕事で忙しい中、わざわざ休みを取って、全てを片付けに行くのも相当な労力になります。

 

それならば、この問題の解決策として業者に委託するのは一つの選択肢になるでしょう。

業者に委託することによって、遺品等のために期間を開けることなく、素早く処理してもらう事が可能になります。

多くの社会人にとって、遺品整理を業者に委託することは、コストパフォーマンスの高い支出の一つではないでしょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かたづけコンビニ
http://katazuke-conveni.com/
住所:〒252-0244 神奈川県相模原市
中央区田名5405-1
TEL:0120-247-535
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

不用品回収の効率的な事前準備の方法!時短テクニック

[2017-10-08]

「家のモノを不用品回収に出してスッキリさせたいけれど、時間かかりそう」
「不用品回収ってどうやって準備したらいいのかわからない」

不用品回収をお考えの方の中に、このような思いを抱かれている方も多いのではないでしょうか?

不用品回収って時間がかかりそうでなかなか手が付けられないものですよね。今回は効率的に短い時間で不用品回収の事前準備を進める方法をご紹介します。

 

◇不用品回収の手順

まずは、不用品回収の流れをざっくりとご紹介します。
1. 事前準備
2. 業者に問い合わせ
3. 見積もり
4. 不用品回収作業
5. 清掃
6. 完了確認
7. 清算
これが大まかな不用品回収の流れになります。下では、業者に問い合わせをする前に済ませておきたい事前準備を効率的に行う方法をお伝えします。

 

◇効率的な事前準備の方法

業者に連絡する前に事前準備をしておくことで不用品回収をスムーズに行えます。

不用品の量が少ない場合と多い場合に分けてご紹介します。

 

・不用品の量が少ない場合(10点程度の場合)

量が少ない場合は電話やメールで業者に見積もりを依頼することになるので、不用品をまとめて整理しておくことが大切です。

食器や衣類、雑貨などの細かいものは段ボールや袋などにまとめて入れておくと良いです。

 

この際に、大まかでもいいので不用品の材質別(金属・陶器・紙・衣類など)に分けておくと業者の確認作業が短縮され、費用も時間も節約できます。
家具などの大きいものはサイズや材質を聞かれるので、事前に測っておきメモしておきましょう。
電化製品の場合は製造年の起債を確認しておくと業者の見積もりがスムーズにいきます。

 

・不用品の量が多い場合(部屋丸ごとや遺品整理など)

量が多くて電話での見積もりが難しい、もしくは特別な事情がある場合、実際に現地に業者に来てもらうことが効率的です。

見積の際に実際に回収する日の状況となるべく同じ状況にしておくことによって、見積・回収ともにスムーズにいきます。

 

 

いかがでしたか?
不用品回収を効率的に行うためにやるべき事前準備の方法はお分かりいただけましたか?
スムーズに不用品回収を行うには業者との連携が大切です。事前準備をしっかり行うことで、時間だけでなく、費用も削減しましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かたづけコンビニ
http://katazuke-conveni.com/
住所:〒252-0244 神奈川県相模原市
中央区田名5405-1
TEL:0120-247-535
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

不用品回収の下準備として行う簡単な断捨離の方法

[2017-10-04]

「家の中のモノが増えてきたな」
「使わないけどいつか使うかもと思ってなかなかモノが減ってくれない」

このようなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?なかなか捨てられなくて、不用品ではあるけれど、もしかしたらいつか使うかもしれないと思って捨てる勇気が出ないことはよくありますよね。
そこで、今回は不用品回収に出すモノを決めるために行う断捨離の方法についてご紹介します。

 

◇断捨離前の心構え

 

断捨離を行う前に心の中に強く思っていてえほしい言葉があります。「モノというものは本来、自分の生活を豊かにするためにあるもの」という言葉です。未来や過去ではなく、今の自分にとってそのモノが必要かどうかを考えながら断捨離を行っていきます。

 

◇断捨離の方法

 

1. 3つのカテゴリに仕分ける

この3つのカテゴリとは、「とっておくもの」、「捨てるもの」、「どちらか分からないもの」です。この3つのカテゴリに断捨離の心構えをもって着実に仕分けていきます。

 

2. どちらか分からないものを再度仕分けする

1で分類したカテゴリのうち「どちらか分からないもの」の量が多くなると思われるので、これを再び仕分けます。このときにどちらか分からないものの量が半分になることを目標にします。昔は使ったけれどもう使わないものや、今後使うかもしれないけど今は使わないというような今現在絶対に使わないものは思い切って捨てるものの分類に入れてしまうことがコツです。

 

3. 期間を開けて再仕分けする

一回目の仕分けから2~4週間ほど開けて再度仕分けを行います。再び同じプロセスを繰り返すことで、一回目に捨てるに忍びなかったものもさっぱりと捨てられるようになっています。

 

4. 不用品を処分する

「捨てるもの」に分類されたものの中で、細かいごみはもちろん普通に捨てます。そして、不用品買取をしてもらえそうなものは業者に依頼します。家電などは不用品回収を依頼します。

 

5. 断捨離の完了

 

◇断捨離後

せっかく断捨離に成功してモノが少なくなっても、また不用品をためてしまい“リバウンド”してしまっては元も子もありません。

スッキリした状態をキープするためにものをためない工夫を取りましょう。例えば、本当に必要な物かどうかを1日置いてから考えてみることや、新しいものを一つ買ったらいらないものを一つ捨てるといったやり方があります。

 

 

いかがでしたか?
不用品回収に至るまでの断捨離の方法について理解していただけましたか?

これを機に断捨離を始めてみましょう!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かたづけコンビニ
http://katazuke-conveni.com/
住所:〒252-0244 神奈川県相模原市
中央区田名5405-1
TEL:0120-247-535
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

家電リサイクル法って何?手続きはどうするの?そんな疑問に全てお答え!その3

[2017-09-28]

みなさんこんにちは!
前回までは、意外と面倒でややこしい「家電リサイクル法」につきまして、その対象品目などの詳しい情報を見ていきました。
「様々な煩雑な手続きが必要なこと」、「意外に料金がかかってしまうこと」などを覚えていますでしょうか?
 
さて、今回お話しするのは「小型家電リサイクル法」です。これもまた、厄介そうな名前をしていますが、一体どのようなものなのかを詳しく見ていきましょう!
 

■その概要は?

この小型家電リサイクル法の正式名称は「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律」という大変長いものであり、施行されたのは平成25年4月1日です。
法制定の目的は、レアメタルなど希少資源の採掘量低下及び希少化が叫ばれている現在、そのような部品がそのまま廃棄されることを防ぐためにリサイクルを進めていき、日本内の希少資源を有効に活用していこうとするものであります。
前回の「家電リサイクル法」と大まかには同じと言えますね。
 
一つ違うのは、「都市鉱山」と呼ばれる携帯電話やスマートフォンに含まれるレアメタルに着目しているという点です。
これらはごく少量で工学の価値があると言われており、その回収のために早いスピードで法律が制定されたのでしょう。
 

■対象品目は?

この法で定められた対象品目は、「家庭で使用され、効率的に収集運搬ができ、経済性の面での制約が少ないもの」と定められており、例として電話機や携帯電話、デジタルカメラにアイロン、ラジオスピーカーやファクシミリなど、多様な28製品が挙げられています。
前回ご紹介した「家電リサイクル法」で定められた4品目以外のほぼ全てをカバーしているといっても過言ではないかもしれません。
 

■その仕組みは?

その仕組みですが、大まかには「家電リサイクル法」と同じです。というのも、「消費者、小売業者、製造業者」という3つのセクターに分けられており、それぞれの責務が決まっているからです。
やはりお客様の方々は、所定の手続きを踏んだ上で分別をしてこのような廃家電を排出する必要があるのです。
 
そして、その廃家電は小売業者によって集められた後に、適切な処理工場によってリサイクルが図られます。先ほどの述べたレアメタルなどもこの段階で抽出されるのです。
 
 
いかがでしたか?
少しでも、「面倒くさいな。」と感じた方はぜひ当社の不用品回収をご利用ください。
当社は、取得するのが非常に難しいと言われる「一般廃棄物処理許可証」を受けている信頼の回収会社であり、お客様のどのようなご要望にもお応えさせていただきます。
もしご興味がありましたら、ぜひお電話やメールでの無料ご相談窓口をご利用の上、お問い合わせください!
 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かたづけコンビニ
http://katazuke-conveni.com/
住所:〒252-0244 神奈川県相模原市
中央区田名5405-1
TEL:0120-247-535
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

不用品回収実績54,620件

かたづけコンビニはここが違います

法人のお客様

全サービス案内

  • 定額大量処分パック
  • 割引クーポン

かたづけサービス

  • 不用品・廃品の回収
  • ゴミ屋敷の清掃
  • 遺品整理

お引越しサービス

  • お引越し
  • 家具の移動

便利サービス

  • 軽作業地
  • 買取
  • ハウスクリーニング
  • 法人・店舗向けサービス
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ

お客様の声

お客様の声
かたづけコンビニのサービスをご利用
頂いたお客様の声を掲載しています。

町田市 K・J様 遺品整理

かなり多くの遺品がありましたが1日だけ片付けてくださいました。

忙しい中でしたので大変助かりました。

伊勢原市 高木様 ハウスクリーニング

引越し退去前にハウスクリーニングを依頼させて頂きました。

かなり汚かったのですがとても丁寧に掃除してくれて助かりました。

スタッフの方の感じがとても良かったのでまた依頼したいと思います。

横浜市 Y・I 様 

不用品回収を依頼しました。

お忙しい3月なのに、当日対応していただき助かりました。

時間も夜の22時からと夜間対応していただきました。ありがとうございました。

▲ページトップへ戻る

Copyright© 不用品回収・買取り かたづけコンビニ All rights reserved.